ピンクペッパーって何?料理の幅が広がる!スパイス活用法

ピンクペッパーのスパイス

 

「ピンクペッパーって、どんな味のスパイス?」
「ピンクペッパーは、何の料理におすすめなの?」

 

ピンクペッパーは、別名「ポァプルローゼ」とも呼ばれる「ウルシ科」のスパイスです。

 

魚料理ロブスター料理などによく使われています。

 

や、おすすめの使い方
選び方保存方法おすすめのスパイスブランドなどもまとめているので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

ピンクペッパーの味

実を潰すと、松の香りがあり、心地よくフルーティーです。
味もフルーティーで樹脂のように甘いです。

 

おすすめの使い方

 

おすすめの料理

 

  • 魚料理
  • ロブスター料理

 

ピンクペッパーの選び方

 

フリーズドライや、塩漬けのものも販売されています。

 

ピンクペッパーの保存方法

 

密閉容器に入れて保存すると1年ほど持ちます。

 

使う時はコショウ用のミルで使う時に挽くのがおすすめです。

 

おすすめのスパイスブランド

 

S&B(エスビー)

 

S&B(エスビー)は、残留農薬分析香りの分析辛味の分析などを行い、高い品質のスパイスを提供しています。

 

S&Bのスパイスは品質がよく、価格もお手頃で購入できます。
ついたくさん種類をそろえてしまうような、魅力的なラインナップです。

 


S&B ピンクペッパー 7g×5個

 

KALDI(カルディ)

 

KALDI(カルディ)は、もともと飲食店などに食材を提供している会社で、「カルディファーム」では一般向けに、美味しい食品や飲料などを提供しています。

 

KALDIにはオリジナル商品もたくさんあり、カルディオリジナルスパイスや、スパイスを活かした商品もとても美味しくておすすめです

 

ピンクペッパーの基本データ

 

  • 学名:Schinus molle
  • 別名:ポァプルローゼ
  • 科名:ウルシ科
  • 使用部位:果実
  • 原産地:北ヨーロッパ、南米(諸説あり)

 

ピンクペッパーの特徴

 

ピンクペッパーは、ウルシ科のコショウボクの果実を乾燥させたものが一般的です。

 

ピンクペッパーには、ブラックペッパーと同じように辛味成分であるピペリンオイルを含んでいますが、辛味はありません。

 

 


ページの先頭へ戻る