ガーリックって何?料理の幅が広がる!スパイス活用法

ガーリックのスパイス

 

「ガーリックって、どんな味のスパイス?」
「ガーリックは、何の料理におすすめなの?」

 

ガーリックは、別名「にんにく」や「大蒜(おおひる)」と呼ばれる「ユリ科」のスパイスです。

 

グリル、煮込み、スープ、麺類、魚の臭み消しなどによく使われています。

 

や、おすすめの使い方
選び方保存方法おすすめのスパイスブランドなどもまとめているので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

ガーリックの味

 

通常のガーリックや乾燥したガーリックは、ヒリヒリした辛味があります。

 

新ニンニクはもう少しマイルドな味です。

 

おすすめの使い方

 

相性の良い素材

 

  • ピリッとする辛い素材

 

相性の良いスパイス

 

ほとんどのスパイスと相性が良いです。

 

おすすめの料理

 

  • グリル
  • 煮込み
  • スープ
  • 麺類
  • 魚の臭み消し

 

こんな時におすすめ!

 

作用

 

  • 疲労回復
  • 抗菌
  • 消化機能活性化
  • 抗酸化

 

適応

 

  • 肉体疲労
  • 生活習慣病の予防

 

ガーリックの注意点

 

まれに胃腸への刺激やアレルギー反応などがあるので注意してください。

 

抗血栓薬との薬物相互作用の発現の可能性あり。

 

ガーリックの選び方

 

生のガーリックは先端部分がかたくて、カビや発芽の兆しがなく、傷んでいないものを選びます。

 

ガーリックの保存方法

 

生のガーリックの保存は、冷暗所で保存します。

 

発芽してきたら、消化しにくい若芽をとりのぞきます。

 

おすすめのスパイスブランド

 

S&B(エスビー)

 

S&B(エスビー)は、残留農薬分析香りの分析辛味の分析などを行い、高い品質のスパイスを提供しています。

 

S&Bのスパイスは品質がよく、価格もお手頃で購入できます。
ついたくさん種類をそろえてしまうような、魅力的なラインナップです。

 


S&B ガーリック(あらびき) 20g×5個

 


S&B ローストガーリック(あらびき) 16g×5個

 

ガーリックの基本データ

 

  • 学名:Allium sativum
  • 別名:にんにく、大蒜(おおひる)
  • 科名:ユリ科
  • 使用部位:鱗茎(りんけい)
  • 原産地:中央アジア

 

ガーリックの特徴

 

肉や魚の臭み消しの働きが強いです。

 

独特のにおいが食欲増進に働きかけると言われています。

 

塩、こしょうに次いで、第三の調味料として言われ世界各地の料理に幅広く使われています。

 

古代エジプトでは巨大ピラミッドなどの建設の際、労働者の食事に大量のオニオンとガーリックが使われていました。
炎天下の重労働に耐えるスタミナ源として重宝されていたようです。

 

 


ページの先頭へ戻る