チャービルって何?料理の幅が広がる!スパイス活用法

チャービルのスパイス

 

「チャービルって、どんな味のスパイス?」
「チャービルは、何の料理におすすめなの?」

 

チャービルは、別名「セルフィーユ」や「茴香芹(ういきょうぜり)」と呼ばれる「セリ科」のスパイスです。

 

サラダスープデザートなどによく使われています。

 

や、おすすめの使い方
選び方保存方法おすすめのスパイスブランドなどもまとめているので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

チャービルの味

 

チャービルは甘く良い香りがします。

 

味は繊細で落ち着いた味です。

 

おすすめの使い方

 

相性の良い素材

 

  • アスパラガス
  • ソラマメ
  • サヤマメ
  • ビーツ(鮮やかな赤色の野菜)
  • ニンジン
  • 生クリームチーズ
  • フェンネル
  • 魚介類
  • レタス
  • マッシュルーム
  • エンドウマメ
  • ジャガイモ
  • トマト

 

相性の良いスパイス

 

  • バジル
  • チャイブ
  • ディル
  • レモンタイム
  • マスタード
  • パセリ
  • タラゴン

 

おすすめの料理

 

  • サラダ
  • スープ
  • デザート

 

こんな時におすすめ!

 

作用

 

  • 免疫力強化
  • 消化機能活性化

 

適応

 

  • 消化不良
  • 風邪の予防

 

チャービルの注意点

 

特になし

 

チャービルの保存方法

 

フレッシュのチャービルは、ラップで包んで野菜室なら2〜3日、刻んで冷凍すれば3〜4ヶ月もつとされています。

 

おすすめのスパイスブランド

 

S&B(エスビー)

 

S&B(エスビー)は、残留農薬分析香りの分析辛味の分析などを行い、高い品質のスパイスを提供しています。

 

S&Bのスパイスは品質がよく、価格もお手頃で購入できます。
ついたくさん種類をそろえてしまうような、魅力的なラインナップです。

 


S&B チャービル 2g×5個

 

チャービルの基本データ

 

  • 学名:Anthriscus cerefolium
  • 別名:セルフィーユ、茴香芹(ういきょうぜり)
  • 科名:セリ科
  • 使用部位:葉
  • 原産地:ヨーロッパ、西アジア

 

チャービルの特徴

 

チャービルはやわらかで、繊細な姿形と、マイルドでほんのり甘い香りをもつ。

 

熱を加えすぎると風味が飛んでしまうため、生のままドレッシングやソース、料理の仕上げに飾りつけとして行うことが多い。

 

 


ページの先頭へ戻る